データを検索置換

wordpressプラグインSearch Regex画像変換

GoogleのSSL化で拍車がかかるURLが変更だが

httpsの変更に伴い、ブログに使っている画像もhttpsに変更する事を余儀なくされる

スムーズに変更出来た方はラッキーだが

画像などを変更するには、それなりの手間がかかるがプラグインを使うだけで簡単に変換可能です。

Sponsored Link


使うプラグインは、Search Regex

 

Search Regex は、Search Regex は、検索のための完全な正規表現をサポートし、WordPress に強力な標準検索機能と置き換え機能を追加します。これらは、標準の検索機能を超えて、あなたのサイトに保存されているほぼすべてのデータを検索置換することができます。単純な検索に加えて、PHP の正規表現をフルパワーで自由に使うことができます。

 

それでは、設定に入ります。

SSL化がまだの方は

Xserverを使った無料SSL化

wordpressにSearch Regexをインストール

 

現在SSL化は出来たが保護できてない表示はこちら

https://の前に!マーク

 

 

保護できてない

保護されてる画面はこちら

Sponsored Link


プラグインの新規追加から

Search Regexを追加する

 

追加したら有効化を忘れずに。

 

インストール有効化で来たら

ツールからSearch Regexを開く

 

Search Regex設定画面

SSL化してない元のURLとSSL化したURLを記入検索します。

Search Regexを開く

 

記入の仕方

 

検索するとSSL化していないページが表示されます。

セーブを押すと元に戻せないので

くれぐれも確認してセーブ

バックアップを取ることをお勧め

 

SSL化していないページ

 

バックアップや確認出来たらセーブ保存をクリックする

保存完了したらSSL化完成です。

 

Sponsored Link


Chromeデベロッパー・ツールの機能

保存した画像が完了してもまだ保護されていない方はこちら

アフィリエイトリンクや、ロゴなどがhttpsに変換できてない事があります。

https://になっていない画像の探し方は

Chromeデベロッパー・ツールの機能がお勧め

ブログ画面でパソコンのF12を押す。

するとこのような画面

英語だらけですが手順通りに

 

 

Consoleを選択する選択すると

SSL化していないURLが表示される

デベロッパー

こちらが変換されていないURLです。

URLをクリックする

デベロッパー

クリックすると

変換されていないページ

変換されていない画像

変換されていないページの画像を入れ替えればOKです。

入れ替えると

保護された通信に変わります。

 

保護された通信

Sponsored Link


初心者お勧め記事