PR

梅雨対策の必需品!湿度計の選び方とおすすめ機種比較タニタ、エンペックス、ドリテック梅雨湿度 平均は?

PR

じめじめと蒸し暑い梅雨。洗濯物が乾かない、カビが生えるといった悩みは、毎年悩まされる問題ですよね。さらに、湿度が高い状態が続くと、私たちの健康にも様々な悪影響を及ぼすことをご存知でしょうか?

実は、梅雨の時期は、カビやダニの繁殖が活発になり、アレルギーや喘息を引き起こしやすくなります。また、熱中症のリスクも高まり、特にご高齢の方や小さなお子様は注意が必要です。

そこで、今回は梅雨を快適に乗り切るための必需品「湿度計」に注目します。湿度計は、室内の湿度を正確に把握し、適切な対策を講じるための頼もしい味方です。

この記事では、湿度計の種類や選び方、そして2024年におすすめの最新機種まで詳しくご紹介します。湿度計を上手に活用して、ジメジメとした梅雨を快適に乗り切りましょう!

梅雨対策の必需品!湿度計の選び方

画像出典元
梅雨対策の必需品!湿度計の選び方

※この記事はプロモーションを含みます

PR

梅雨対策の必需品!湿度計の選び方とおすすめ機種比較【2024年版】

じめじめと蒸し暑い梅雨。洗濯物が乾かない、カビが生えるといった悩みだけでなく、実は私たちの健康にも大きな影響を与えています。そこで今回は、湿度計の選び方とおすすめ機種、そして効果的な活用方法をご紹介します。

梅雨湿度 平均

日本の梅雨の時期の平均湿度は、地域や年によって異なりますが、一般的に75%~85%程度です。特に7月は全国的に湿度が高く、80%を超える日も珍しくありません。

気象庁のデータによると、東京における30年間の平均湿度は、最も低い1月が58%なのに対し、梅雨の時期である6月は78%、7月は80%にまで上昇します。

快適な湿度は?

一般的に、人が快適だと感じる湿度は40%~60%と言われています。

この範囲外の湿度になると、以下のような影響があります。

湿度が低い場合(40%以下)
肌や喉の乾燥
静電気の発生
ウイルスが活性化しやすくなる
湿度が高い場合(60%以上)
ジメジメとした不快感
体温調節が難しくなり、熱中症のリスクが高まる
カビやダニが発生しやすくなる
ただし、快適な湿度は個人差や環境によって異なります。例えば、気温が高い場合は、湿度がやや高めでも快適に感じることもあります。

湿度を下げるには、以下の方法があります。

家電製品を使う

エアコンの除湿機能を使う: エアコンの除湿機能は、室内の空気を冷却して水分を取り除き、湿度を下げます。特に梅雨の時期や夏場は効果的です。
除湿機を使う: 除湿機は、空気中の水分を直接吸収して湿度を下げます。エアコンよりも省エネで、場所を選ばずに使えるのがメリットです。
扇風機やサーキュレーターを回す: 扇風機やサーキュレーターで空気を循環させることで、湿気がこもるのを防ぎ、体感温度を下げる効果もあります。

なぜ梅雨に湿度計が必要?

高湿度がもたらす健康被害と対策の重要性
梅雨の時期は湿度が非常に高くなり、カビやダニの繁殖を促します。これらはアレルギーや喘息の原因となるだけでなく、食中毒のリスクも高めます。また、高温多湿の環境は熱中症を引き起こしやすく、特に高齢者や子供は注意が必要です。

湿度計があれば、室内の湿度を把握し、適切な対策を講じることができます。除湿機やエアコンの稼働、換気など、湿度を下げる工夫をすることで、これらの健康被害を予防し、快適な生活を送ることができます。

湿度計の種類と特徴

デジタル、アナログ、ハイブリッド型、それぞれのメリット・デメリット
湿度計には、主に以下の3つの種類があります。

デジタル湿度計

メリット: 精度が高い、多機能(温度計、時計、アラームなど)、見やすい
デメリット: 電池が必要、価格が高い傾向

デジタル湿度計

アナログ湿度計

メリット: 電池不要、デザイン性が高い、価格が安い傾向
デメリット: 精度がやや低い、機能が少ない

アナログ湿度計

画像出典元
アナログ湿度計

 

ハイブリッド型湿度計

メリット: デジタルとアナログの両方の長所を兼ね備える
デメリット: 価格が高い傾向

湿度計を選ぶ際のポイント

精度、機能、デザイン、価格など
湿度計を選ぶ際には、以下のポイントを考慮しましょう。

精度: 正確な湿度を測定できるか
機能: 温度計、時計、アラーム、過去の湿度変化の記録など、必要な機能があるか
デザイン: インテリアに合うか、見やすいか
価格: 予算に合うか
設置場所: 水回りで使用するかなど、設置場所の環境に合っているか(防水性など)

【2024年版】おすすめ湿度計ランキング:タイプ別、人気メーカー別に紹介

測定精度: 正確な湿度を測定できるか。
測定範囲: 湿度を測定できる範囲。
表示方法: デジタル表示かアナログ表示か。
機能: 温度計との一体型、アラーム機能、過去の湿度変化を表示する機能など。
デザイン: インテリアに合うか。
価格: 予算に合うか。

タニタ、エンペックス、ドリテック湿度計

タニタ、エンペックス、ドリテックの湿度計、それぞれのおすすめポイントをまとめました。

タニタ

高精度: 精密機器メーカーとしての信頼性があり、正確な湿度測定が期待できます。
多機能: 温度計、時計、カレンダー、インフルエンザ注意機能など、便利な機能が搭載されたモデルが多いです。
見やすい表示: 大きな文字で見やすいディスプレイやバックライト付きのモデルがあり、暗い場所でも確認しやすいです。
シンプルで使いやすい: 操作が簡単で、誰でも使いやすいデザインです。

エンペックス

デザイン性: インテリアに馴染むスタイリッシュなデザインが豊富で、お部屋の雰囲気に合わせて選べます。
アナログ表示: 針で表示されるアナログタイプは、視覚的に湿度を把握しやすく、インテリアとしても楽しめます。
豊富なラインナップ: 卓上型、壁掛け型、置き時計型など、さまざまなタイプがあります。
手頃な価格: 比較的手頃な価格で購入できるモデルが多いです。

ドリテック

コンパクトで可愛い: 丸みを帯びた可愛らしいデザインや、キャラクターものなど、見ているだけで楽しくなるようなモデルがあります。
持ち運びやすい: 小型で軽量なモデルが多く、持ち運びに便利です。
手頃な価格: お手頃な価格で購入できるモデルが多く、気軽に湿度管理を始められます。
ユニークな機能: 快適度を顔マークで表示するなど、ユニークな機能を搭載したモデルもあります。

【メーカー別おすすめ機種】

タニタ: TT-558 (高精度、温度計付き)、TT-574 (ハイブリッド型)

タニタ: TT-558 (高精度、温度計付き)、TT-574 (ハイブリッド型)

画像出典元
タニタ湿度計

タニタ(Tanita) 温湿度計 時計 カレンダー 温度 湿度 デジタル 壁掛け 卓上 マグネット グレー TT-558 GY
Amazon 参考価格 ¥1,653 税込

エンペックス: EX-2718 (大画面、温度計付き)、TM-711 (温湿度計、シンプル)

エンペックス: EX-2718 (大画面、温度計付き)

画像出典元
エンペックス: EX-2718 (大画面、温度計付き)

エンペックス気象計 温度湿度計 アナログ スーパーEX 温湿度計 置き掛け兼用
Amazon参考価格1,491

ドリテック: O-251WT (温湿度計、マグネット付き)、O-230WT (快適度表示)

ドリテックO-251WT 湿度計

画像出典元
ドリテックO-251WT 湿度計

ドリテックO-251WT 湿度計Amazon参考価格 1,300円

口コミ

タニタ、エンペックス、ドリテックの湿度計について、それぞれの口コミをまとめました。

タニタ

良い口コミ:
精度が高く信頼できる
シンプルで見やすい表示
多機能で便利(温度、時計、インフルエンザ注意機能など)
丈夫で長持ちする

気になる口コミ:
価格がやや高め
デザインがシンプルすぎる
電池交換が必要

エンペックス

良い口コミ
デザインがおしゃれでインテリアに馴染む
アナログ表示が見やすい
手頃な価格で購入できる
置き場所を選ばないコンパクトなサイズ

気になる口コミ
精度がやや不安定
デジタル表示に慣れていると見にくい
機能が少ない

ドリテック

良い口コミ
可愛らしいデザインで子供部屋にも合う
コンパクトで持ち運びやすい
手頃な価格で手軽に購入できる
快適度表示などユニークな機能がある

気になる口コミ
精度がやや低い
表示が小さくて見にくい
電池の消耗が早い
総評

各メーカーの湿度計には、それぞれ特徴とメリット・デメリットがあります。

タニタ: 精度を重視する方、多機能なものが欲しい方におすすめ
エンペックス: デザイン性を重視する方、アナログ表示が好きな方におすすめ
ドリテック: 手頃な価格で可愛いものが欲しい方、持ち運びたい方におすすめ
ご自身のライフスタイルや好みに合わせて、最適な湿度計を選んでくださいね。

これらの情報を参考に、あなたのライフスタイルや好みに合った湿度計を選んで、快適な梅雨を過ごしましょう。

梅雨のおうち時間

ビオトープの魅力を徹底解説 自宅で小さな生態系を作ろう!
都会の喧騒を離れ、自宅で自然を感じたいと思ったことはありませんか?そんな願いを叶えてくれるのが「ビオトープ」です。ビオトープとは、様々な生き物が共生する空間を意味し、自宅の庭やベランダ、マンションのバルコニーなど、場所を選ばず小さな生態系を...

ビオトープの魅力を徹底解説 自宅で小さな生態系を作ろう!