PhotoScapeとPhotoScape X: 画像編集ソフトウェアの比較

PhotoScapeとPhotoScape X: 画像編集ソフトウェアの比較

PhotoScapeとPhotoScape Xは、世界中の多くのユーザーに利用されている人気のある画像編集ソフトウェアです。しかし、これら二つのソフトウェアは何が違うのでしょうか?この記事では、それぞれの特徴と違いを詳しく解説します。

PhotoScapeとPhotoScape X: 画像編集

PhotoScapeとPhotoScape X: 画像編集WEBP保存可能

WEBP形式保存可能

WebP(ウェッピー)は、Googleが開発した次世代の画像フォーマットで、ウェブ上のトラフィックを削減し、ページの表示速度を向上させることを目指しています。以下に、その主な特徴をまとめています。

圧縮方式: WebPは非可逆圧縮(JPGと同様の圧縮方法で、圧縮率が高い)と可逆圧縮(PNGやGIFのように画像を透過できる)の両方に対応しています。
ファイルサイズ: Googleによれば、同等の画像品質において、WebPはJPGより25~34%、PNGより26%も軽量化できると言われています。
透過性: WebPは非可逆圧縮の画像でありながら透過も可能です。
アニメーション: WebPはGIFのようにアニメーションにも対応しています。
ブラウザの対応: 主要なブラウザ(Chrome、Firefox、Microsoft Edge、iOS版Safari)はWebPに対応しています。
以上の特徴から、WebPはウェブサイトの表示速度を改善し、ユーザー体験を向上させるための有力な手段となっています。ただし、画像をWebP形式に変換するための手間や、一部の古いブラウザが対応していないというデメリットも

PhotoScapeとPhotoScape X

特徴 PhotoScape PhotoScape X
対応OS Windows Windows, Mac
価格 無料 基本無料(Pro版あり)
編集機能 基本的な編集機能 高度な編集機能、フィルター、エフェクト
ユーザーインターフェース シンプル モダンで直感的
サポートされているフォーマット JPEG, PNG, GIF, BMP JPEG, PNG, GIF, BMP, TIFF, RAW
特別機能 コラージュ、アニメーションGIF レイヤーサポート、マジックカラー
アップデート頻度 少なめ 頻繁

1. リリース年

PhotoScapeは2008年に初回リリースされました。一方、PhotoScape Xは2013年から登場し、新しい機能と改善されたユーザーインターフェースを提供しています。

2. 対応OS

PhotoScapeはWindows専用のソフトウェアで、Macでは利用できません。しかし、PhotoScape XはWindowsとMacの両方で利用可能で、より多くのユーザーに対応しています。

3. 機能

PhotoScapeとPhotoScape Xは多くの基本的な画像編集機能を共有しています。しかし、PhotoScape Xはより多くの高度な機能を提供しています。例えば、背景透過やレイヤー機能などがあります。

PhotoScapeとPhotoScape X

画像出典元
PhotoScape X

4. 有料版

PhotoScape Xには有料版のProがあります。Pro版では広告が削除され、無料版では利用できない多くのエフェクトが利用できます。

まとめ

PhotoScapeとPhotoScape Xは、それぞれが独自の強みを持つ強力な画像編集ツールです。あなたのニーズに最も適したソフトウェアを選んでください。どちらのソフトウェアも、公式ウェブサイトからダウンロードできます。ただし、Macユーザーの場合はPhotoScape Xしか選択肢がありません。また、より高度な機能を必要とする場合は、PhotoScape X Proの購入を検討することもできます。

無料画像・加工・編集ソフト PhotoScape(フォトスケープ)画像閲覧 画像編集。
無料画像編集ソフトPhotoScape(フォトスケープ) デジカメやスマホなどで撮った画像編集。 明るさや、サイズ変更、切り取りなどパソコンで編集簡単使えるフォトスケープ。 ブログの画像挿入やInstagram、Twitterなど様々な所で...

無料画像・加工・編集ソフト PhotoScape(フォトスケープ)画像閲覧 画像編集。

PhotoScape Xの使い方

PhotoScapeを使ってるかたなら問題なく使える

基本的な使い方

PhotoScape Xを起動すると、以下の画面が表示されます。

PhotoScape Xの画面

写真編集

編集したい画像をドラッグ&ドロップするか、「ファイルを開く」から選択します。
画面上部のメニューバーから、編集したい機能を選択します。
編集が終わったら、「保存」または「名前を付けて保存」をクリックして、画像を保存します。

主な機能

切り抜き: 画像の不要な部分を切り取ることができます。
サイズ変更: 画像のサイズを変更することができます。

フィルター: 画像に様々な効果を適用することができます。

文字入れ: 画像に文字を入れることができます。
その他: フレーム、明るさ調整、ぼかしなど、様々な編集機能があります。

PhotoScape Xは、日本語に対応している

ワードプレスで使える無料人気画像編集ソフトウェア

初心者向け

Canva: ブラウザ上で使える無料の画像編集サービスです。豊富なテンプレートや素材が用意されているので、簡単にデザイン性の高い画像を作成できます。

PhotoScape X: 写真編集に特化した無料の画像編集ソフトです。切り抜き、サイズ変更、フィルター、文字入れなど、基本的な機能が揃っています。

Fotor: ブラウザ上で使える無料の画像編集サービスです。Canvaと同様に、テンプレートや素材が豊富に用意されています

中級者向け

GIMP: Photoshopのような高機能な画像編集ソフトです。無料とは思えないほど多くの機能が搭載されていますが、初心者には少し使いづらいかもしれません。

SumoPaint: ブラウザ上で使える無料の画像編集サービスです。GIMPよりも軽快で使いやすいですが、機能は少し少なくなります。

上級者向け

Photoshop: 画像編集の定番ソフトです。有料ですが、非常に多くの機能が搭載されています

Follow me!

PAGE TOP