ローカルバックアップ

ローカルバックアップ
Dropbox

WordPress作業をしていると

ひょんなことから、レイアウトが崩れたり

思いがけない不遇に出くわすことがある

そんなときのために、バックアップは必衰である

サーバーを使ったバックアップや

FFTPソフトを使ったバックアップなど

 

初心者には難しい物もあるが

Dropboxを使ったバックアップをしておくと簡単に元の状態にもどせる

Dropboxプラグインからインストール

 

Wordpressダッシュボード

 

プラグインから新規追加

wordpressプラグインバックアップ

新規追加有効化をする

これでローカルバックアップが出来る様になります。

 

プラグインの更新

テンプレートを少し修正したい時に

必ずローカルバックアップをとる癖をつけて下さい

今まで正常に使えていたプラグインが

更新したら不具合が発生!などは

ブログを書いていくと必ず起きてきます。

 

その為にもバックアップを必ずとる必要があります。

wordpressプラグイン致命的なエラー

 

Dropbox使い方

 

Dropboxの使い方は非常に簡単です

ダッシュボードからDropboxを選択

開いたら

ローカルバックアップを作成

 

Dropboxプラグイン

 

ローカルバックアップを選択すると

このようにローカルバックアップが始まります。

ローカルバックアップ

 

wordpressプラグインの更新などをするときは必ずバックアップ

 

Sponsored Link




不具合などが発生した時の戻し方

バックアップをしていると

このような画面で完了します

リストアで前の段階に戻すことができるという事です。

Dropbox

 

wordpressダッシュボードツールからの記事保存

wordpressダッシュボードにツールインポート

エクスポートで記事を保存する事も出来ます。

ツールからエクスポート

 

エクスポート

 

全てのコンテンツをエクスポート

エクスポートファイルをダウンロード

wordpress記事エクスポート

 

インポートしたい時

記事を戻したいとき

 

Movable Type と TypePadインポーターの実行を選択

こちらでも記事のバックアップ

元に戻す

もしくは、別のドメインなどに移す事が出来ます。

Sponsored Link



初心者お勧め記事