PR

ガジュマルの葉が増えたのはなぜ?成長の証と葉を元気に保つ秘訣

PR

観葉植物として人気のガジュマル。葉がどんどん増えていくと、嬉しい反面、「なぜこんなに増えるんだろう?」と疑問に思う方もいるのではないでしょうか?この記事では、ガジュマルの葉が増える理由、葉を元気に保つ秘訣、そしてさらに葉を茂らせる育て方について詳しく解説します。あなたのガジュマルも、この記事を参考にすれば、さらに生き生きとした姿を見せてくれるでしょう。

ガジュマルの葉が増えたのはなぜ?

画像出典元
ガジュマルの葉が増えたのはなぜ?

ガジュマルを育ててわかった事

※この記事はプロモーションを含みます

PR

ガジュマルの葉が増えるのはなぜ?成長の証!

ガジュマルの葉が増えるのは、主に以下の3つの理由が考えられます。

生育期の到来: ガジュマルは春から秋にかけての成長期に、活発に光合成を行い、新しい葉を次々と生み出します。
適切な環境: 日光、水、温度、湿度などの条件がガジュマルの生育に適していると、葉の成長が促進されます。
剪定の効果: 適度な剪定を行うことで、新しい芽の成長が促され、葉の数が増えることがあります。

葉を元気に保つ秘訣1:日光

ガジュマルは日光を好む植物です。ただし、直射日光に長時間当てると葉焼けを起こす可能性があるので、レースカーテン越しの日光や明るい日陰に置くのがおすすめです。

葉を元気に保つ秘訣2:水やり

ガジュマルの水やりは、土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。ただし、水のやりすぎは根腐れの原因になるので注意が必要です。

葉を元気に保つ秘訣3:温度・湿度

ガジュマルは暖かい環境を好みます。生育適温は20~30℃で、冬は10℃以上を保つようにしましょう。また、乾燥に弱いので、定期的に葉水をしたり、加湿器を使ったりして湿度を保つことも大切です。

葉を元気に保つ秘訣4:肥料

ガジュマルの成長期には、緩効性肥料を月に1回程度与えます。冬は肥料を与える必要はありません。

ガジュマルの葉を増やす育て方

要素 春~秋(成長期) 冬(休眠期)
日光 レースカーテン越しの日光、または明るい日陰 日当たりの良い室内
水やり 土の表面が乾いたらたっぷりと 水やりの回数を減らす
温度 20~30℃ 10℃以上を保つ
湿度 葉水や加湿器で湿度を保つ 乾燥に注意
肥料 緩効性肥料を月に1回程度 肥料は不要

葉が増えた時に心配な病気・害虫と対策

葉が増えることは嬉しいですが、同時に病気や害虫のリスクも高まります。ここでは、ガジュマルによく見られる病気や害虫、その対策について解説します。

ハダニ

葉の裏に小さな赤い点が現れ、葉が黄色くなったり、枯れたりします。葉水をこまめに行い、乾燥を防ぐことが大切です。

カイガラムシ

葉や茎に白い綿のようなものが付着します。見つけ次第、歯ブラシなどでこすり落としましょう。

すす病

葉の表面に黒いすすのようなものが付着します。カイガラムシの排泄物が原因で発生するので、カイガラムシの駆除が重要です。

ガジュマルの成長についての疑問

ガジュマルが大きくなってきたら、以下の3つの選択肢があります。

剪定する: 大きくしたくない場合は、剪定で形を整えたり、高さを抑えたりできます。剪定の時期は5月~9月が適しており、切り口には癒合剤を塗って保護しましょう。
植え替える: 根詰まりを防ぎ、さらに大きく育てたい場合は、一回り大きな鉢に植え替えます。植え替えの時期は5月~7月が適しています。
そのまま育てる: 十分なスペースがある場合は、そのまま育てて大きくすることも可能です。ただし、定期的な剪定や支柱の設置など、適切な管理が必要です。

ガジュマルをほったらかしにしておくとどうなる?

ガジュマルをほったらかしにしておくと、以下のような問題が起こる可能性があります。

根詰まり: 根が鉢の中でいっぱいになり、水や養分を吸収できなくなる
間延び: 日光不足により、茎が細長く伸びて葉がまばらになる
病気や害虫: 風通しが悪くなり、病気や害虫が発生しやすくなる
これらの問題を防ぐためには、定期的な剪定、植え替え、日光浴、水やり、肥料などの適切な管理が必要です。

ガジュマルの間延びの原因は?

ガジュマルの間延びは、主に日光不足が原因です。日光が不足すると、ガジュマルは光を求めて茎を伸ばそうとするため、間延びしてしまいます。

間延びを防ぐためには、以下の対策が有効です。

日当たりの良い場所に置く: レースカーテン越しの日光が当たる場所や、明るい日陰に置く
定期的に向きを変える: 全体的に日光が当たるように、鉢の向きを定期的に変える
剪定する: 間延びした枝を剪定することで、新しい芽の成長を促し、樹形を整える

ガジュマルは何年で大きくなりますか?

ガジュマルの成長速度は、環境や育て方によって大きく異なります。一般的には、適切な環境で育てれば、1年で30cm~50cmほど成長します。

ただし、鉢植えの場合は、根詰まりを起こすと成長が遅くなることがあります。定期的な植え替えや剪定を行うことで、ガジュマルを健康に大きく育てることができます。

ガジュマルの容器交換のタイミング

ガジュマルは成長が早く、根詰まりを起こしやすい植物です。根詰まりを起こすと、葉が黄色くなったり、成長が止まったりするなどの症状が現れます。

根詰まりを防ぐためには、定期的な容器交換が必要です。目安としては、1~2年に1回、春から秋の成長期に植え替えを行うのがおすすめです。

ガジュマル容器

ガジュマル容器

植え替えの際は、一回り大きな容器を選び、新しい土に植え替えます。根詰まりがひどい場合は、根を少しほぐしてから植え替えましょう。

ガジュマルの葉が増えた!みんなの口コミ

「毎日霧吹きで葉水をしてたら、新しい葉がたくさん出てきました!」
「剪定したら、そこから新しい芽が出て、葉がどんどん増えました!」
「日当たりの良い場所に置いたら、葉の色が濃くなって元気になりました!」

ハンディファンいらない? 以外に知らないハンディファン機能