エックスサーバーデータベース負荷対応

ブログなどにアクセスが大量にあるとエックスサーバーからメールが届く!

メール本文を確認してもどうしていいものか?
アクセスは503エラー、504エラーが続く。

アクセスが多くなると大喜びそんなわけでもなさそうである。
対策をしていなかったツケが回ってきた。

503エラー
画像出典元
503エラー

○○ 様

平素は当サービスをご利用いただき誠にありがとうございます。
エックスサーバー カスタマーサポートでございます。

全文

XserverアカウントID : ○○○○
サーバーID  : (○○.xserver.jp)
データベース :wp(122.7 MB)
データベースユーザー wygb
お問合せ番号 :xsvc○○○○

お客様のサーバーアカウントにおいて、該当MySQLデータベースに対する
著しい負荷上昇を確認いたしましたのでお知らせいたします。

※8/4 12:00頃 高い負荷を検知しました。
※負荷検知時点の状況を調査しましたところ、下記SQLが複数実行されておりました。
こちらがデータベース負荷の要因となっている可能性がございます。
該当SQLにお心当たりがあるかどうかご確認ください。

▼負荷検知時点で複数実行されていたSQL
——————————————————-
SELECT pvs.post_id AS ID, post_title, SUM(pv_count) AS pv AS pvs LEFT JOIN wp_posts
——————————————————-

なお、事後のご案内となり大変申し訳ございませんが、
同データベースサーバーをご利用のお客様への悪影響が懸念されたため、
お客様のサーバーアカウントに対し下記の制限を実施しております。

▼サポートにて実施した制限内容
—————————————————————–
・該当データベースへのアクセス権限を削除
—————————————————————–

お手数ではございますが、
早急に負荷軽減対策を行っていただきますようお願いいたします。

データベース負荷対策を行っていただきましたら、
お客様がなさった負荷対策内容を必ずサポートまでご連絡ください。

ご実施いただいた負荷対策を元に
制限の解除やアクセス権限の付与などを検討いたします。

【エックスサーバー】■重要■お客様のサーバーアカウントにおける著しく高いデータベース負荷について

エックスサーバーデータベース負荷ログイン画面

グーグルで検索してもこの画面は出てこずこまってしまう。

エックスサーバーデータベース負荷
画像出典元
エックスサーバーデータベース負荷

①最初は全てのサイトがアクセス不能となる。

エックスサーバーに問い合わせしても、アクセスはできていますと言う連絡。

再度メールで連絡

事後のご案内となり大変申し訳ございませんと言う連絡
対応

データベース負荷の軽減対策について
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

一般的なご案内となりますが、
データベース負荷対策として、下記のような方法がございます。

▼一般的なデータベース負荷対策
————————————————-
(1)レコード数の多いテーブルに対してインデックスを設定する
(2)インデックスの構成をプログラムの抽出条件に即したものにする
(3)キャッシュの活用によりデータベースへの接続頻度そのものを低減させる
(4)不要なデータを削除し、データベースを軽量化する

————————————————-

上記(1)(2)につきましては、有名CMSなどをご利用の場合、
すでに適切に設定されておるケースも多くございます。

お客様ご自身にてプログラムを構築された場合、
負荷改善対策の一つとしてご確認ください。

———————————————————————-
■キャッシュの活用について
———————————————————————-

WordPressなどのCMSツールをご利用の場合、
キャッシュプラグインの導入をご検討ください。

※キャッシュプラグインとは、データベース処理の結果やアクセスしたページの
表示内容などを一時的に保存し、次回以降のアクセスにて保存したデータを
活用することで、プログラム負荷を軽減し、動作を高速化させるプラグインです。

キャッシュの活用によりデータベースへのアクセス頻度が緩和されるため、
データベース負荷の抑制に効果がございます。

※対策後連絡してくださいと言うご通達。

エックスサーバーデータベース負荷の対応後の連絡

結果は一時的な負荷であれば、その負荷が収まればエックスサーバー対応してくれるようである。

対策でやった事は、エックスサーバーからログインして、不要なプラグイン削除 PHPバージョン切替
エックスサーバーのファイルマネージャからキャッシュプラグインの導入。

ファイルマネージャ

public_html

public_htmlwp-content

Plugins
からアップロード
キャッシュプラグインはWP Fastest Cacheを導入

結果これで大丈夫か?そんな不安を抱えつつエックスサーバーに再度メール。

お客様のサーバーアカウントにおいて、
「該当データベースへのアクセス権限を削除」した結果、
MySQLデータベースの負荷が軽減されている事を確認いたしましたので、
下記の制限を解除いたしました。
と言う連絡で権限が復活。

見事半日で復活したブログ!
エックスサーバーだから大丈夫と過信していましたが今後対応を検討しながら
運営する事が大事と感じた1日。

アクセスが出来ない事で売り上げが落ちたなと感じたが初心者がWEBなどを運営する為にはエックスサーバーのサポートはありがたいと感じた1日。

エックスサーバーデータベース負荷の対応どうしたらいい?復旧日数は?
参考になれば幸いです。

エックスサーバー 新サーバー移行でワードプレス記事が消えた 対処方法

エックスサーバー 新サーバー移行でワードプレス記事が消えた 対処方法