Z.comWP無料で使用wordpress専用高速サーバ設定

wordpressを使うときにはレンタルサーバーが必要となります。

料金も様々でどこを使うか迷います。

初期費用が高いサーバーも多いのですが

Z.comはwordpressを比較的安く運営できます。

 

特徴はブログなどをWordpressで安く運営したい方には

ピッタリのZ.comサーバーと言えます。

 

Z.comには

3種類のレンタルサーバーが用意されています。

①Z.com WP

wordpressに特化したシンプルなレンタルサーバー

②レンタルサーバー

メールサービスなどを装備したい方は追加

 

③Z.com studio

テンプレートにオリジナルテンプレートを使い

ショッピングサイトを運営など

  • おすすめ
  • ビジネス
  • ブログ
  • ネットショップ

オリジナルテンプレートが用意されている

ドラック&ドロップでサイトが作成可能

ショッピングサイトなどを運営したい方には最適です。

 

それぞれの用途でプランを追加できると言う事になります。

 

どのプランでも高速・多機能・高セキュリティのWordPress専用サーバー
Z.com WPなら月額400円からホームページを運用できますが

今回はZ.com WPの設定を説明します。

Z.com wordpress専用高速サーバー

 

まずは無料でwordpress専用高速サーバを試してみる

 

Z.comにログインしてユーザ登録

WordPress専用高速サーバー Z.com WP


Sponsored Link



ログイン画面

プランを選びましょう

 

エントリーの一番安いプランでもwordpress数5作成可能

wordpress数5と言うのは

ブログなどを5サイト作ることができるという事です。

①趣味のブログ

②アフィリエイトサイト

③お店紹介など・・

など自由に作成可能です

 

 

プランが決まれば支払いパターンを選択してください

無料期間は支払いは発生しません。

1カ月払いと初期費用が本登録する場合は必要となります。

初期費用1000円は、他のレンタルサーバーと比較したら

安いと言えます。

 

契約月数が長いと割引になるのは

他のサーバーも同じです。

エントリープランには

オートスケールが付いていません

オートスケールとは

オートスケールとはサーバー負荷に応じて、自動的にクラウドサーバーの台数を増減させる機能のことです。
システムにアクセスが集中したときはサーバーを自動で増やし、アクセスが少ないときはサーバーを減らすことで、常に必要最小限のサーバー数でシステムを安定的に稼働させることができます。

 

途中でプランは変更可能ですので

まずWordpressを作って見ましょう。

 

プランの詳しい詳細はこちら



Z.comプランと特徴

レンタルサーバー エントリー

 

 

エントリー登録が終われば

個人登録

住所・メール・支払い方法まで選択

お申込みありがとうございました。

で完了です。

支払いは、無料期間が終了、本登録しないと発生しません。

サーバー初期設定

まずは無料でwordpress専用高速サーバを試してみる

WordPress専用高速サーバー Z.com WP


登録時メールに送られてるMY Z.comでログイン


Googleアドレスなどでログインする

ログイン画面

Z.comログイン画面

wordpress設定

ログインで来たら

wordpressの設定から行います。

Z.com WPから

 

サーバー初期設定を選択

サーバー初期設定Z.com

サーバ初期設定

①Wordpressサイト

新規の方は移行しない

 

②URL

任意

③ユーザー名

自分がわかりやすい物

④パスワード

大文字を必ず入れたもの

⑤メールアドレス

gmailなどでOK

⑥PHPバージョン

推奨

⑦言語

日本語

 

オプションはそのまま

 

書き込みが終わったら

決定

 

作成中となればOKです。

ネームタグのこの部分をクリックで完了です。

ネームタグでログイン
ネームタグ Z.com

ネームタグをクリックしたら

ネームタグでログイン

 

ログインしたら

この画面になります。

①サイトは、wordpressで表示される

画面になります。

Z.comダッシュボード

サイト

 

②ダッシュボードを使ってログイン

登録したユーザ名

パスワードでログインします。

wordpressログイン

ダッシュボードログイン画面はこちた

wordpressを使ったことのある方ならおなじみの画面になります。

 

Z.comダッシュボードログイン画面

外観テーマからテンプレートを選びますが

wordpressはこれで使う事が出来ます。

比較的に簡単に設定可能です。

テンプレートの使い方がわからない方はこちらを参考にして下さい。
wordpressテンプレートカスタマイズ

 

 

デザインテンプレート

wordpressでブログ以外のサイトを作りたいと思ったとき

まず、デザインの部分で、関門があります。

ECサイトなど綺麗なデザインが必要なとき

デザインを考えてそのイメージを形にするには、

HTMLやCSS、画像の編集技術など、専門的な知識や技術が必要になります。

Z.com studioでは数多くのテンプレートが用意されています。

WordPressでも無料テンプレートが沢山ありますが

Z.com studioではドラック&ドロップで作成可能です。

 

Webデザイナーが作成した【100種類以上の美しいデザインテンプレート】

 

写真編集や動画のアップロードで
より美しいホームページに

Z.com Studioでは、画像編集のできる機能が標準搭載されています。
それにより写真をより美しく加工できるので、ポートフォリオとしてのご利用にも最適です。フォトライブラリから無料の写真を検索し、使用することもできます。
また、動画やスライドショーを載せることで、ホームページ作成の幅はさらに広がります。

 

ドメイン取得

現在の設定では独自ドメインはついていませんので

Googleアドセンスなどで収益を目指す方は

独自ドメインを取得しましょう。

Z.comでも独自ドメインは取得可能です。

ログイン画面から

追加申し込み

 

追加申し込みから

ドメインを購入できます。

後は、住所購入方法などを記入して

購入できます。

独自ドメインを取得したら

こちらで設定してください

WordPressを設定した手順とほぼ似ていますので

特に難しくはありません。

独自ドメイン設定方法

 

他社ドメイン設定方法

ドメインをフリーで取得するメリットは

どのブログでも独自ドメインを使う事が出来ます。

レンタルサーバーを経由してドメインを取得した場合

そのサーバーでしか使えないデメリットも発生します。

特に、他のブログで使う事のない方は

設定など簡単なので、レンタルサーバー経由で取得すると便利です。

 

ムームードメインで取得

格安ドメイン取得方法

上記独自ドメイン設定と同様の手順で設定できますが、他社取得ドメインはネームサーバー情報を以下に変更をお願いします。

 

ムームードメインで取得した方はネームサーバーを

こちらに変更して下さい

コントロールパネル

取得ドメイン指定

上級者向けネームサーバー設定

これが終われば

Z.comに戻って反映を待ちましょう。

 

ns-a1.cloud.z.com

ns-a2.cloud.z.com

ns-a3.cloud.z.com

Sponsored Link