PR

フィナンシェ マドレーヌ どっちが簡単?徹底比較!

PR

フィナンシェとマドレーヌ、どちらも美味しい焼き菓子ですが、いざ作るとなると「どっちが簡単なの?」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。この記事では、それぞれの作り方や難易度、味の違いなどを徹底比較し、初心者さんでも分かりやすく解説します。

フィナンシェは、フランス発祥の焼き菓子で、焦がしバターとアーモンドプードルを使った香ばしい風味が特徴です。

フィナンシェ マドレーヌ どっちが簡単?徹底比較!

画像出典元
フィナンシェ マドレーヌ

※この記事はプロモーションを含みます

PR

1. 材料で比較!フィナンシェ vs マドレーヌ

材料 フィナンシェ マドレーヌ
バター 焦がしバター(風味豊か) 溶かしバター(扱いやすい)
卵 卵白のみ(メレンゲで軽い食感) 全卵(しっとりした食感)
粉類 薄力粉、アーモンドプードル(香ばしさUP) 薄力粉、ベーキングパウダー(ふんわり食感)
その他 砂糖、はちみつ(コクと深み), バニラエッセンス(香りづけ) 砂糖、レモン汁(爽やかさ), ラム酒(香りづけ)

特徴 フィナンシェ マドレーヌ
食感 外はカリッ、中はしっとり(アーモンドプードルの効果) ふんわり、しっとり(ベーキングパウダーの効果)
風味 アーモンドの香ばしさと焦がしバターのコク バターと卵の優しい甘さ、レモンやラム酒の香り
長方形が一般的 貝殻型が定番ですが、様々な型があります

焦がしバターの香ばしい風味が特徴のフィナンシェに対し、マドレーヌはバターのコクと卵の優しい甘さが際立ちます。また、フィナンシェにはアーモンドプードルが入り、マドレーヌにはベーキングパウダーが入ることで、それぞれの食感の違いを生み出しています。

フィナンシェ

フィナンシェ

2. 作り方で比較!工程と難易度をチェック

工程 フィナンシェ マドレーヌ
バター 焦がし加減が難しい(中火でじっくり加熱) 湯煎で溶かすだけ(弱火でゆっくり溶かす)
卵 メレンゲ作りが必要(泡立て器でツノが立つまで) 全卵を混ぜるだけ(泡立て器で混ぜる)
生地作り 粉類をさっくり混ぜる(ゴムベラで切るように) 泡立て器で混ぜるだけ(粉っぽさがなくなるまで)
焼成 表面が割れるまで焼く(180℃で20分程度) 竹串を刺して確認(170℃で15分程度)

工程 フィナンシェ マドレーヌ
バター 焦がし加減が難しい(中火でじっくり加熱) 湯煎で溶かすだけ(弱火でゆっくり溶かす)
メレンゲ作りが必要(泡立て器でツノが立つまで) 全卵を混ぜるだけ(泡立て器で混ぜる)
生地作り 粉類をさっくり混ぜる(ゴムベラで切るように) 泡立て器で混ぜるだけ(粉っぽさがなくなるまで)
焼成 表面が割れるまで焼く(180℃で20分程度) 竹串を刺して確認(170℃で15分程度)

フィナンシェは焦がしバター作りやメレンゲ作りにコツが必要で、少し難易度が高め。一方、マドレーヌは全卵を使うので泡立てる手間がなく、比較的簡単に作れます。

3. 味の違いを比較!食感と風味の特徴

特徴 フィナンシェ マドレーヌ
食感 外はカリッ、中はしっとり(アーモンドプードルの効果) ふんわり、しっとり(ベーキングパウダーの効果)
風味 アーモンドの香ばしさと焦がしバターのコク バターと卵の優しい甘さ、レモンやラム酒の香り
形 長方形が一般的 貝殻型が定番ですが、様々な型があります

特徴 フィナンシェ マドレーヌ
食感 外はカリッ、中はしっとり(アーモンドプードルの効果) ふんわり、しっとり(ベーキングパウダーの効果)
風味 アーモンドの香ばしさと焦がしバターのコク バターと卵の優しい甘さ、レモンやラム酒の香り
長方形が一般的 貝殻型が定番ですが、様々な型があります

 

フィナンシェは、アーモンドプードルによるしっとり感と焦がしバターの香ばしさが特徴。マドレーヌは、ベーキングパウダーによるふんわり感と、バターと卵の優しい甘さが魅力です。

マドレーヌ

マドレーヌ

4. 初心者さんにおすすめなのはどっち?

工程の簡単さや材料の入手しやすさを考えると、マドレーヌの方が初心者さんにおすすめです。フィナンシェは焦がしバター作りに少しコツが必要ですが、その分リッチな味わいが楽しめます。

5. SNSでの口コミをチェック!みんなの声

フィナンシェ派:「あの香ばしさがたまらない!コーヒーとの相性抜群」「プレゼントにも喜ばれる高級感」
マドレーヌ派:「優しい甘さが癒される」「子供と一緒に作れるのが嬉しい」「アレンジが豊富で楽しい」

6. おすすめアレンジレシピをご紹介!

フィナンシェ:抹茶フィナンシェ、ショコラフィナンシェ、オレンジピールフィナンシェ
マドレーヌ:レモンマドレーヌ、紅茶マドレーヌ、チョコチップマドレーヌ

パウンドケーキ、マドレーヌ、フィナンシェの中で、どれが一番作るのが簡単とその違い

パウンドケーキ、マドレーヌ、フィナンシェの中で、一番簡単に作れるのはマドレーヌです。

その理由は、以下の通りです。

材料がシンプル: マドレーヌは、薄力粉、バター、砂糖、卵、ベーキングパウダーという手に入りやすい材料で作れます。 一方、パウンドケーキは粉砂糖や生クリームを使うこともあり、フィナンシェはアーモンドプードルや焦がしバターが必要になります。

工程が簡単: マドレーヌは、材料を混ぜて焼くだけなので、お菓子作り初心者でも失敗しにくいです。 パウンドケーキは、バターと砂糖を混ぜる工程や、粉と液体を交互に混ぜる工程など、少し手間がかかります。 フィナンシェは、焦がしバターを作る工程が難しく、慣れるまで時間がかかる場合があります。

特別な道具が不要: マドレーヌは、ボウルと泡立て器があれば作れます。 パウンドケーキは、パウンド型が必要になります。 フィナンシェは、フィナンシェ型があると仕上がりが綺麗ですが、マフィン型などでも代用可能です。

まとめると、マドレーヌは材料がシンプルで工程も簡単、特別な道具も不要なので、お菓子作り初心者でも気軽に挑戦できる焼き菓子と言えるでしょう。

7. まとめ:あなたにぴったりの焼き菓子を見つけよう!

フィナンシェとマドレーヌ、それぞれに違った魅力があります。この記事で紹介した情報を参考に、ぜひ両方作ってみて、お気に入りの焼き菓子を見つけてくださいね。手作りのお菓子で、素敵なティータイムを過ごしましょう!

クルンジ カルディ進化系クロワッサン韓国スイーツ「クルンジ」