Mozilla Thunderbird

メールを複数管理したい時に便利な無料メールソフトMozilla Thunderbirdです。

 

Xサーバーで作った複数メールを登録します

その前に一般的なメール設定

 

 

Mozillaは、メールソフト「Thunderbird」の最新安定版となるv38.5.1を公開した。Windows XP/Server 2003/Vista/7/8/10および64bit版のVista/7などに対応する寄付歓迎のフリーソフトで、現在公式サイトや窓の杜ライブラリからダウンロードできる。また、自動アップデート機能を利用して最新版へアップデートすることも可能。

本バージョンでは、Microsoftの新しい署名要件に合わせるため、Windows向けのビルドがSHA-256で署名されるようになった。「Firefox」でも、2回に分けて同様の変更が施されている。

なお、Windows XP SP2へのインストールが行えなくなっているので注意。回避策として、自動アップデート機能を利用してv38.5.0から更新するという手段が案内されている。

メール設定

 

インストールしたらこの画面になるので

 

メールアカウント設定

Gメールを登録してみます

 

メールアカウントの設定

 

 

 

メールアカウントの設定を押したら

gmailを設定してみます。

①名前ニックネーム

②メールアドレス  〇〇〇@gmail.com

gmailがない方は、ご自分のフリーメールかお持ちのメールアドレス

③パスワード 任意

 

 

続けるをクリック

受信サーバーを自動取得

 

①完了をクリック

gmailで画面が表示されます。

gmail画面で連携OKの指示が来ますので

メールアドレス

パスワードの順に設定

Mozilla Thunderbirdの画面に戻ると

設定完了です。

 

 

 

 

メールを書く場合は

①ダッシュボードのメールを選択

メールを書く読むで選択

 

②複数メールがある場合は今、どのメールを選択してるかここで確認

 

Xサーバーで作ったメール設定

Xサーバーで複数メールアドレス取得は

こちら

Xサーバーメール作成

アカウント追加

 

 

ダシュボードローカルフォルダーの選択

矢印の選択項目がこのようになってるのを確認

 

 

 

新しいアカウント作成

 

メールアカウント設定

Xサーバーで取得したメールアドレスパスワード

入力

続けるをクリック

このような状態になります。

 

 

手動設定

こそ設定で完了です

メールの送受信のテストをして下さい

 

スポンサードリンク





Xサーバーメール設定

送信できないときは

サーバーパネルで送信サーバーがあってるか確認

 

一度設定が出来るとアドレスがどんどん簡単に追加できます。

ドメイン取得からWordpress作成