Google XML Sitemaps

Google XML Sitemaps

 コンテンツを検索エンジンに認識させる為には、サイトマップが必要ですが

Google XML Sitemapsのプラグインを使う事で簡単に、検索エンジンに認識させる事が出来る

記事の公開や、更新時自動で通知してくれるプラグイン

説明

このプラグインは、Google、Bing、Yahoo、Ask.comなどの検索エンジンがあなたのブログをよりよく索引付けするための特別なXMLサイトマップを生成します。このようなサイトマップを使用すると、クローラがサイトの完全な構造を見て、より効率的に検索できるようになります。このプラグインは、WordPressで生成されたすべての種類のページとカスタムURLをサポートしています。さらに、新しいコンテンツについての投稿を作成するたびに、すべての主要な検索エンジンに通知します。

Google XML Sitemapsインストール

 

プラグイン追加から有効化します。

2017年現在バージョンは、バージョン: 4.0.8

 

 

スポンサーリンク



有効化したら設定の画面に行きます。

ダッシュボードから設定

Google XML Sitemapsと移動します。

 

基本的な設定

インストールが終わったら

ファイルURLが出てきます。

sitemap.xml 

XMLサイトマップをGoogleに送信するには、Search Consoleと言うツールを使います。

これで、sitemap.xml が出来ました。

設定画面

最後に設定で

完了です。

 

設定画面です。

サイトマップは、観覧車がサイト内を探しやすくなりますが

sitemap.xmlは、検索エンジンが探しやすくなるために生成するものです。

Google XML Sitemapsバージョン: 4.08インディックス保留

今回この記事を書いたのは、sitemap.xmlを作って、Search Consoleに登録したのですが、インディックスが保留の状態が長く続く状態が発生してしまいました。

 

 

結果Search Consoleに登録するのに2017年6月現在では、Google XML Sitemapsバージョン: 4.08よりバージョン3.41が良いことに気づきましたので、ダウングレードの方法です。

3.41ダウングレード

手順は簡単なのですが、私個人が見つけるのに苦労したので記載に至りました。

最後にダウングレードのやり方を記載します。

Google XML Sitemaps ログインしてください。

ログインしたら

右下の詳細表示をクリック

 

 

 

 

詳細表示をしたら

右の下でバージョン3.41をダウンロードしてください

ダウンロードしてパソコンのフォルダーに移動してください

圧縮されたファイルしかプラグインでインストールできませんので注意してください(zipフォルダー)

 

WordPressダッシュボードプラグインに戻る

現在のバージョン: 4.0.8などを停止削除してください

停止・削除を・・・

新規プラグイン追加でパソコンのフォルダーを指定してアップロード

このような画面になればOKです。

 


もし通常の最新バージョンでインディックス出来ない方がいましたらお試し下さい。

 

Search Console登録方法

 

ドメイン取得~Wordpress設定